ガバナーあいさつ

「新年度を迎えて」


2014-15年度国際ロータリー第2530地区ガバナー

野崎 潔 

 

  国際ロータリー第2530地区2014-15年度ガバナーとしてご挨拶を申し上げます。  
ガバナーノミニーとして就任しましてから、渡造公平直前ガバナーを始め、パス トガバナーの皆さま、クラブ会員の皆さま、更に地区役員をお引き受け頂きました皆さまに今日までのご指導とこ協力に心から感謝巾し上げます。  
さて、本年度のテーマは"LightUpRotary"、公式の日本語訳は「ロータリーに輝きを」  です。
ゲイリーC.K.ホァンRI会長は「ロータリーの奉仕を人びとと分かちあい、 クラブをより強力なものとし、地域社会でロータリーの存在感を高めることで、「ロータリーに輝きを」もたらしていただけるようお願いしたい。そして新会員を引き付けるとともに、現会員を維持し、会員数130万人という目標を達成することにより、ロータリーを輝かせてください。クラブを強化し、  「ロータリ一に輝きを」もたらせば、ロータリーの奉仕で世界に輝きをもたらすことができるでしょう。」と述べられています。  
私はRI会長の方針に基づき、次の地区目標を達成するよう頑張ってまいりたい所存です。  
【2014-15年度国際ロータリー第2530地区地区目標】  
『ロータリーの心を大切にクラブを活性化させよう1』  
 1.クラブ基盤の強化会員増強(純増各クラブユ名)  
  クラブはロータリーの核心出席率の向上も目指す  
 2.ロータリー情報の共有と強化  
  新会員オリエンテーションの充実と既存会員のロータリー研修セミナーの実施  
 3.効果的ロータリークラブ実現の方策  
  クラブのビジョン、戦略計画の策定(継続性の維持)  
 4.ロータリーイメージと認知度の向上  
  地域社会への広報とマスコミとの懇談と対応
 5.青少年養成に期待をこめて積極的サポート
  インターアクト、ローターアクト、RYLA、青少年交換の支援
  第27回全国ローターアクト研修会を成功させよう
 6.ロータリー財団プログラムへの参加と資金協力
  DDFの効果的な活用と年次寄付年間一人150ドルの達成
 7.米山記念奨学会への理解と協力

  年間普通寄付金一人5.000円特別寄付金一人10,000円の達成


どうぞ地区内ロータリアンの皆様のご支援、ご協力を宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

プロフィール


  2014-15年度国際ロータリー2530地区
      のざききよし
  ガバナー野崎 潔
 所属クラブ生 福島北ロータリークラブ
 年月日 1936年12月4日
 職業分類 不動産管理業
 住所 〒960-8254 福島市南沢又字畑田3-2
  TEL・FAXO24-557-2044
 学歴 1959年3月明治大学商学部卒業
  ロータリー歴 1966年福島北ロータリークラフ入会
  1988-]989年福島北ロータリークラブ会長
  20072008年県北第二分区ガバナー補佐
  ポール・ハリスフェロー
  米山功労者第3回(マルチプル)
  2012-2013年ベネファクター
  2013-2014年メジャードナー
  20ユ3-2014年ポール・ハリス・ソサエティ